ようこそ!学が丘動物病院へ

スタッフ募集ページ

採用コンセプト

動物病院のあるべき姿を追い求めて

動物病院という場所は、問題のない動物たちが連れてこられる場所ではありませんよね。なにがしらの問題を抱えた動物や問題を感じた飼い主様が来られる場所です。
その時に、我々動物病院のスタッフはどのような気持ちで飼い主様や動物と接していけばよいのでしょうか。
飼い主様のお話を聞き、検査や治療を計画し実践していくことになりますが、動物たちの気持ちや幸せを無視してはなりません。むしろ、そこが最も大切な部分ではないでしょうか。
ペットが、飼い主様と一緒にイキイキと生きている。そんな状況を守ってあげることを大切に考えていかなくてはならないと考えています。
治療を優先し、高度な医療を施すことだけを考えるということは、獣医療の現場においては時に動物を不幸にしてしまうこともあるのではないでしょうか。飼い主様のご意向も大切ですが、我々は獣医師として動物の幸せを守ってあげることのできる存在であるべきだと考えています。動物たちの気持ちを置いてきぼりにしないでください。動物の本能を尊重し、人と生きている動物たちをいかに幸せにしてあげられるかを考えていきましょう。



労働環境

十分に休暇を取得できるように、基本は固定休日ですが他スタッフとの兼ね合いで変動シフト制として勤務を行っています。
休暇:週休二日・年間120日
社会保険完備:社会保険とは、国が国⺠の生活を保障するために設けた公的な保険制度です。 医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の 5 種類があります。
時間外手当:所定の勤務時間を超過した場合は1分単位で手当てをお出ししております。

育児支援・介護支援
産前産後の休暇や育児休暇の制度を設けております。また、ご結婚やご出産による労働時間の制限が発生した場合には、短時間勤務の制度も用意しております。その他、予期せぬ事態にも臨機応変に対応し、少しでも無理なく勤務していただけるように対応させていただきます。

福利厚生:
・約90万の福利厚生メニューを利用していただけます(ベネフィットステーション)
・インフルエンザ予防接種支援制度:毎年のインフルエンザ予防接種の代金を負担しております。長期の休養が必要となるインフルエンザは病院にとっても脅威です。
・レクリエーション:7月・12月・1月には出来るだけ全員で集合しパーティーを楽しむようにしています。
・軽食の補助:業務の合間に休憩が出来るよう、菓子や飲料を用意しています。



教育環境

ひとりひとりが成長できる環境があります。
病院側の支援制度と、自らが成長を求めて実践するための環境が多くあります。
複数のキャリアプランを用意しており、動物病院の経営に興味のある方、将来独立したい方、専門性を高めたい方、それぞれの未来希望図を叶えることが可能です。
・学会・セミナーへの参加費・交通費を病院で負担(年間限度額内であれば全額)
・院内症例検討の実施。疑問や不安をそのままにしないようにすることも大切です。
・学会発表や学位の取得、認定医資格取得など、積極的に応援します
・組織の細分化:若手獣医師は、避妊や去勢手術を初め、軽微な手術であれば積極的に執刀していきます。その際は必ず指導医が補助に入ります。より高度な症例には助手や器械士として手術を補助していただきます。
・臨床技術の習得:
入社後1〜4年目までに習得すべき技術を明確化しています。
自分の技術到達度とどの程度成長できているかがはっきりと分かるため、「これからすべき課題」がはっきりとします。
また、日々の業務における指導で着実にステップアップできるので、臨床経験のない基礎系研究室出身の獣医学生、臨床現場からブランクのある先生も安心です。

獣医師募集

勤務形態
正社員
資格
獣医師
休日
約120日(週休2日 + 特別休暇16日)
勤務時間
8:30〜19:30(休憩時間 60分)
お問い合せ
以下のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

詳細情報

新卒採用

《募集職種》 勤務獣医師

《モデル初任給》

 基本給   240,000円
 獣医師手当 10,000円
 住宅手当  15,000円※勤続年数5年までを目途に、賃貸の家賃33%(月額15,000円を上限とする)を支給します。
 時間外手当 54,000円※時間外手当は、月30時間の法定時間外労働を行った場合であり、実労働時間により増減します。

《賞与》 年2回 ※年間2ヶ月業績によって変動します。(勤務2年目から発生)

《昇給》 年1回(10月)

《応募要領》

 資格 獣医師
 応募方法 まずは見学実習にお越しください。ご応募はメールかお電話でお願いします
 選考方法 履歴書、面接

《勤務地》 学が丘動物病院

《休暇》

有給休暇、特別休暇(慶弔、夏季・年末年始等、年間16日付与)、出産・育児・介護に関する休暇制度完備

《福利厚生》

インフルエンザ予防(会社全額負担)/ 産休・育児・介護休暇(会社規定あり)
福利厚生倶楽部、間食サポート(コーヒー / 軽食を無償提供)、退職金制度

《交通費》 月15,000円 まで支給

《家族手当》 扶養家族に対して支給

《加入保険等》 社会保険(健康・厚生年金)、労働保険(雇用・労災)完備

《教育》 学会・参加費 全額補助、院内セミナー(外部講師) 開催

《勤務体制》

 年間休日・休暇 約120日(週休2日 + 特別休暇16日)
 休憩時間 60分
 勤務時間 8:30〜19:30
 有給休暇日数 初年度 10日 最大20日

《求人問い合わせ先》

 Tel:078-781-7444
 Fax:078-781-7444
 mail@manabigaoka.net
 採用担当:小國

《よくある質問》

Q、基礎系の研究室に所属しているのですが、大丈夫でしょうか?
A、院長は基礎系の研究室出身です。
基礎系研究室で学んだ思考法は臨床の現場で必ず役に立ちますし、臨床的な知識や技術は入職後に身に付けられます。

Q、院外で開催される学会やセミナーには参加できますか?
A、参加できます。各自に必要と思われるセミナーは積極的に参加を勧めています。一定の費用までであれば病院で費用を負担しています。

Q、CTを備えた大きな病院の方が就職するのに良いように思うのですが?
A、診療は、論理的な思考構築することが最も重要です。その中でCT検査が必要になる場面もあるでしょう。
しかしその割合は決して多くはありません。CT検査をとりあえず撮影するというような検査の進め方は、診察は論理的思考とは大きくかけ離れております。動物の負担、無駄な費用をかけずに診断に結び付けていくにはどのような検査が必要かを考えてあげてください。我々の仕事は苦しむ動物達を救うために行うものです。自分のキャリアを積むために検査し手術をするわけでは無いと肝に銘じておいてください。

「大切な愛犬・愛猫の健康のために。」お気軽にご相談下さい。tel:078-781-7444

診療予約はこちらから

会員登録について

返信メールが届かないとき

トップへ戻る